サイトメニュー

美容健康医療に

看護師

改善が期待出来る事

美しくなりたいと言う欲求や、外見のコンプレックスを解消したいと言う欲求は、誰もが多少なりとも持ち合わせているものです。その欲求を満たす方法として美容整形と言う選択肢がありますが、その中でも特に最近注目を集めているのが、ボトックスを活用したプチ整形と言うジャンルになります。ボトックスを活用する目的としては、エクササイズや外科的切開手術をする事なく、小顔や痩身効果を得る為と言う理由が第一番目に挙げられます。これは、エクササイズを反復や継続する大変さや、メスによる切開に対する怖さを感じる事無く、変身願望を手軽に実現させる事で、美容整形に対する敷居を下げる事にも繋がります。また、1回あたりの施術にかかる時間や費用を抑える事も実現させ、より多くの人が施術を受けやすくなると言う事にも繋がります。またボトックスは美容目的での活用が大きくフォーカスされていますが、医療目的や健康目的での活用効果も期待されています。医療目的や健康目的で活用されるのは、歯軋りや脳梗塞の後遺症の突っ張りや強張りの改善効果を期待するものです。これら美容目的、医療目的、健康目的のいずれも、ボトックス持つ筋肉の緊張を和らげる効果を活用したものになります。
ボトックスを活用する事によって得られる効果は、美容、医療、健康と多岐に渡りますが具体的に挙げると次のようになります。まず一般的に幅広く知られている美容に関する効果としては、使用する部位によって小顔や部分痩せ、シワの改善、発汗を抑え脇汗の改善などが代表的です。小顔に関しては主にエラの張りの改善、部分痩せは二の腕や脹脛などがありますが、これはボトックスの筋肉の緊張を弱める作用を活用したものです。シワの改善や発汗の改善も、ボトックスの筋肉の収縮を抑え動きを止める作用を活用して得られる効果になります。医療や健康の分野に於ける、脳梗塞の後遺症として現れる手足の強張りや突っ張りによる運動障害のリハビリにも、同じような作用が活用されています。歯軋りなども噛む筋肉の働きを抑える作用を活用して改善効果を得る事が可能となります。しかし、ここまで挙げた改善効果は一時的なものであり、一度で恒久的な効果を得る事は出来ません。一般的に効果は約二週間後にピークを迎え、数ヶ月間持続すると言われていますのでそのサイクルに合わせて、継続する必要があります。小顔目的での活用などの場合は、これを繰り返す事で、改善効果が定着するとも言われています。